美白コスメ人気

MENU

厚生労働省で認可されている成分が使われているか

美白という表現が使われ出したのはいつからだったかもう記憶にありませんが、一時期はあちこちで美白の文字を見た覚えがあります。

 

個人的には「雪肌精」が美白を意識させてくれたコスメなのですが、現在ではそれはそれは数多く美白をうたったコスメが溢れていますね。

 

ビタミンC誘導体、トラネキサム酸、ハイドロキノン…美白効果のある成分の名前までずいぶん知られるようになったのではないでしょうか。

 

美白成分の入った美容液を使うのは自分の中では今や当たり前になっていますが、改めてちゃんと調べてみると美白の定義とは「メラニンの生成を抑えて、シミ、ソバカスを防ぐ」こととあります。

 

日焼け止めクリームや帽子や日傘で紫外線対策をしていても万全には防げていないのはよく実感します。

 

どうしてもほんのりと焼けているものなんですよね。
日焼けした!と思ったらできるだけ早いうちに美白美容液でケアすればシミの元を潰せると聞いて実行しています。
ありがたい存在です。

 

しかし、某大手化粧品メーカーの美白化粧品による白班トラブルは衝撃的でした。

 

恐ろしいと思ったのはもちろんですが、何と言うか、肌を白くする威力みたいなものを感じさせられました。

 

ある成分がまずかったという話ですが…。

 

あの問題以来、厚生労働省で認可されている成分であるかをちゃんと確かめるクセがつきました。

 

ポーラホワイトショット

 

オルビスユーホワイト

 

アスタリフトホワイト 口コミ

更新履歴